サンマルティン 小倉記念2017サイン



第53回 小倉記念(GIII) サイン

競馬ブログ村 トラコミュ
小倉記念(2017)
レパードS(2017)
競馬予想


サンマルティン 出走レース

2016年 4歳上500万下 16頭
逆35番=14番3着

2016年 南相馬特別 16頭
逆35番=14番3着

2016年 能勢特別 11頭
正35番=2番2着
逆1番=11番1着

2016年 3歳上1000万下 9頭
逆35番=2番1着
逆1番=9番2着

2017年 尼崎ステークス 8頭
正35番=3番2着
正1番=1番1着 逆1番=8番3着

2017年 むらさき賞 14頭
逆35番=8番2着
正1番=1番3着

2017年 小倉記念 
正逆35番?
正逆1番?



まだ間に合う。波乱の夏競馬で三連単を3回に1回当てる方法を公開

毎日、暑い日が続いていますね。

競馬界はちょうど夏競馬真っ只中。

あなたもご存じの通り、
夏競馬はこれでもかってぐらい荒れるんですよね。

なぜこんなに荒れるんでしょうか?

【*必見*】夏競馬で頼りになる競馬データはこちらから♪

・‥‥…━━━━━━━━━━━━…‥‥・

     夏競馬が荒れる“3つの理由”

・‥‥…━━━━━━━━━━━━…‥‥・

夏競馬が荒れる原因は大きく3つ。

■実力が近い馬同士で混戦となる

 夏競馬はG3がメインで、一線級の馬は秋以降のG1に備えている。
 言い方は悪いですが、二流三流の馬の力は似たり寄ったりです。

■ハンデ戦が多い

 各馬の実力が近い上に、ハンデがつくと余計にわからなくなります。
 力不足とみていた軽量ハンデの馬が激走することも珍しくない・・・

■開催がローカルの競馬場
 
 夏競馬の中心は直線が極端に短い函館や、坂がきつい中京など、
 中央とは違う特徴を持つ競馬場での開催になります。
 競走馬以外の要素としてこれまでの傾向も予想に重要な
 ファクターになってきます。

このように、

    夏競馬は荒れて当たり前。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    荒れないほうがおかしい
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これでは信頼できる軸も選べない、
紐もどこまで拾えばいいかもわからないですね。

・‥‥…━━━━━━━━━━━…‥‥・

     攻略法はあるけれども・・・

・‥‥…━━━━━━━━━━━…‥‥・

そんな難しい夏競馬も、攻略する方法はあります。

それは、“出走馬全頭”について
能力、スピード、血統、統計データを分析すること。

その分析結果を元に、力関係を把握してレース展開を予想をします。

そこまでやって、初めて超穴馬の激走を見抜くことができます。

逆にいうと、

   “そこまでやらないと夏競馬は勝てません”

あるプロ馬券師の方はこの作業に平均3日間かけるそうです。

ただ、プロは専業だからできるんであって、
私たちには到底無理ですよね。

だから、有料情報を購入して時間をお金で買うんですね。

タイムイズマネーって素晴らしい。

・‥‥…━━━━━━━━━━…‥‥・

      ちょっと待った!!

・‥‥…━━━━━━━━━━…‥‥・

でも、ちょっと待ってください!

能力、スピード、血統、統計を

競走馬1頭1頭について分析したデータ・・・

このデータ、実はここで“無料で公開”されています。

◆夏競馬で頼りになる競馬データはこちらから◆




コメント


管理者のみに表示