マイネルメダリスト 第57回 アメリカジョッキークラブカップ(GII) サイン

競馬ブログ村 トラコミュ
アメリカJCC(2016)
アメリカジョッキークラブカップ2016
東海S(2016)
東海ステークス2016
競馬予想


マイネルメダリスト 出走レース

2015年 メトロポリタンステークス 12頭
正1番=1番3着

2015年 目黒記念 18頭
正1番=1番1着

2015年 アルゼンチン共和国杯 18頭
逆1番=18番3着

2015年 ステイヤーズステークス 16頭
正1番=1番3着

2016年 アメリカジョッキークラブカップ 16頭
正1番=1番? 逆1番=16番?



今年のアメリカJCCは“来る!!”

        1月24日(日)
  アメリカジョッキークラブカップ(G2)


  ≪独特な適正が求められるからこそ≫

    “穴馬が格段に見つけやすい”

このレースを知り尽くしたプロの見解とは!?
      ↓    ↓    ↓
ここをクリックして公開情報を見る


中・長距離路線の多彩なメンバーが交差する
アメリカジョッキークラブカップ。

今後の飛躍を狙う馬、
これまで連戦してきた実力馬が熱戦を繰り広げます。

中山2200Mという開催が少ないコースだけに、
独特なコース適正が問われるこのレース。

押さえるべきはもちろん、コース適正。

それでは、アメリカジョッキークラブカップで
絶対に抑えておきたいポイントをお伝えします!

■底力のある馬が勝利条件

このコースは中盤での下り坂がある事、ゴール前の上り坂がある事から、
かなりのスタミナが必要なコースになっています。
上がりでの余力は残っていないと考える方がいいでしょう。

瞬発力だけではなく、底力がないといけません。

つまり、ある程度の実力がないと勝利は難しく、
これまでG2以上で連体している馬は押さえておくべきです。

■脚質にも要注目

最後の直線が短く、
後方から差せるのは余程凄い末脚がないと難しいコースです。

かなり先行が有利な構造になっており、
展開的にも先行有利な展開が多くあります。

後方での馬はほぼ勝ちきる事はできていません。
最近も先行で好位置で競馬を行っている馬が馬券に入っており、
前めで競馬をしてきた馬を重視した方がいいでしょう。

このように、勝ち馬は実力馬の適正などを見れば
ある程度、絞る事が容易なこのレースですが、

問題は伏兵馬

このレースは毎年、
データに逆らうような馬が1頭絡んでいます。

一見、選馬が難しいように感じますが、
実は、伏兵馬は「ある条件」が一致すれば、
信頼度激高の穴馬を見破る事が可能!

このレースを知り尽くした予想家の
見解に要注目です!!

今すぐこの情報をゲットして、
今週は美味しい的中を受け取ってください♪


★コチラから無料で情報を確認する




コメント


管理者のみに表示

トラックバック