2016年03月の記事 (2/37)

クラレント 第48回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII) サイン

競馬ブログ村 トラコミュ
ダービー卿CT(2016)
ダービー卿チャレンジトロフィー2016
産経大阪杯(2016)
大阪杯2016
競馬予想


クラレント 出走レース

2015年 安田記念 17頭
逆○番=13番2着

2015年 毎日王冠 13頭
正○番=13番1着

2015年 天皇賞秋 18頭
逆○番=16番3着

2015年 金鯱賞 12頭
逆○番=10番1着

2015年 阪神カップ 17頭
逆○番=13番1着

2016年 ダービー卿チャレンジトロフィー 
正逆人気ブログランキングへ番?



今年は波乱含みの産経大阪杯(G2)、
勝ち馬は「●●●●●●」!?(←クリック!!)


★★━━━━━━━━━━━━━━★★
   数々のスターホースが駆け抜けた

     第60回 産経大阪杯(G2)
★★━━━━━━━━━━━━━━★★


昨年はラキシス、一昨年にはキズナが優勝と、
毎年実力馬が勝つ傾向がある産経大阪杯。

ですが、それはもはや過去の話しとなるでしょう。

新興勢力の成長が著しい今、今年は波乱が起こる!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
  好走の可能性が限りなく高いのは・・・
       ▽   ▽   ▽
 実はあまり注目されていない「あの馬!」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

順当にはいかない!何かが起こる今年の産経大阪杯!

今年、王座に輝くのは「●●●●●●●●●」!

そんな産経大阪杯(G2)、
ココでしか知る事の出来ないマル秘情報を

 【 期間限定無料公開中! 】
        ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
      クリックして情報を見る

────────────────
産経大阪杯が大好物の予想家が説く!
────────────────

“2つの重要なポイント”とは!?

      ▽ ▽ ▽

今週末の波乱含みのレース、産経大阪杯(G2)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■4・5歳馬が断然優勢!


年齢別成績から見て行くと、4歳馬が最多の5勝を挙げ、
好走率でトップの数値をマークしています。
それに続くのが5歳馬で、年齢が上がるに従って
好走率が下がる傾向にあります。
今年も若い世代の馬が変わらず台頭してくるのか!

■3走前までに成績に注目

近3走以内に出走した芝のG1・Jpn1・G2・Jpn2での
最高着順別に成績を調べると、最高着順が1~5着だった各グループのうち、
3着組を除く4グループが3着内率で40%を超える好成績を収めています。
また、3着組も連対率では25%と悪くない数値をマークしています。
近3走以内に格の高いレースで上位争いをした経験がある馬は、このレースでも
その実績にふさわしい走りを披露してくれるケースが多いようです。

そして・・・

今回のレースは、
2010年に3連単10万馬券が出た時と同じ、

      『ある共通点』が!

そこからハジき出された馬は、
今年急加速で成長している『あの馬』

 新聞などでは完全に軽視されていますが、
        信憑性は激高!?
          ↓↓↓
その根拠と買い目を“完全無料”で公開中!

■ココでしか知る事の出来ない
  産経大阪杯(G2)「マル秘情報」をご覧ください!

        ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
      クリックして情報を見る




タッチングスピーチ 第60回 産経大阪杯(GII) サイン

競馬ブログ村 トラコミュ
産経大阪杯(2016)
大阪杯2016
ダービー卿CT(2016)
ダービー卿チャレンジトロフィー2016
競馬予想


タッチングスピーチ 出走レース

2015年 忘れな草賞 12頭
正○番=7番1着

2015年 3歳上500万下 16頭
正○番=15番1着

2015年 ローズステークス 17頭
正○番=8番2着

2015年 秋華賞 18頭
逆○番=18番1着

2015年 エリザベス女王杯 18頭
逆○番=18番2着

2016年 京都記念 15頭
正○番=7番1着

2016年 産経大阪杯 
正逆人気ブログランキングへ番?



今年は波乱含みの産経大阪杯(G2)、
勝ち馬は「●●●●●●」!?(←クリック!!)


★★━━━━━━━━━━━━━━★★
   数々のスターホースが駆け抜けた

     第60回 産経大阪杯(G2)
★★━━━━━━━━━━━━━━★★


昨年はラキシス、一昨年にはキズナが優勝と、
毎年実力馬が勝つ傾向がある産経大阪杯。

ですが、それはもはや過去の話しとなるでしょう。

新興勢力の成長が著しい今、今年は波乱が起こる!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
  好走の可能性が限りなく高いのは・・・
       ▽   ▽   ▽
 実はあまり注目されていない「あの馬!」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

順当にはいかない!何かが起こる今年の産経大阪杯!

今年、王座に輝くのは「●●●●●●●●●」!

そんな産経大阪杯(G2)、
ココでしか知る事の出来ないマル秘情報を

 【 期間限定無料公開中! 】
        ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
      クリックして情報を見る

────────────────
産経大阪杯が大好物の予想家が説く!
────────────────

“2つの重要なポイント”とは!?

      ▽ ▽ ▽

今週末の波乱含みのレース、産経大阪杯(G2)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■4・5歳馬が断然優勢!


年齢別成績から見て行くと、4歳馬が最多の5勝を挙げ、
好走率でトップの数値をマークしています。
それに続くのが5歳馬で、年齢が上がるに従って
好走率が下がる傾向にあります。
今年も若い世代の馬が変わらず台頭してくるのか!

■3走前までに成績に注目

近3走以内に出走した芝のG1・Jpn1・G2・Jpn2での
最高着順別に成績を調べると、最高着順が1~5着だった各グループのうち、
3着組を除く4グループが3着内率で40%を超える好成績を収めています。
また、3着組も連対率では25%と悪くない数値をマークしています。
近3走以内に格の高いレースで上位争いをした経験がある馬は、このレースでも
その実績にふさわしい走りを披露してくれるケースが多いようです。

そして・・・

今回のレースは、
2010年に3連単10万馬券が出た時と同じ、

      『ある共通点』が!

そこからハジき出された馬は、
今年急加速で成長している『あの馬』

 新聞などでは完全に軽視されていますが、
        信憑性は激高!?
          ↓↓↓
その根拠と買い目を“完全無料”で公開中!

■ココでしか知る事の出来ない
  産経大阪杯(G2)「マル秘情報」をご覧ください!

        ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
      クリックして情報を見る




キャンベルジュニア 第48回 ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII) サイン

競馬ブログ村 トラコミュ
ダービー卿CT(2016)
ダービー卿チャレンジトロフィー2016
産経大阪杯(2016)
大阪杯2016
競馬予想


キャンベルジュニア 出走レース

2015年 夏木立賞 11頭
正43番=10番2着

2015年 ラジオNIKKEI賞 16頭
逆43番=6番3着

2015年 3歳上1000万下 12頭
正43番=7番3着

2016年 初富士ステークス 14頭
逆43番=14番1着

2016年 関門橋ステークス 13頭
逆43番=10番1着

2016年 ダービー卿チャレンジトロフィー 
正逆43番?



今年は波乱含みの産経大阪杯(G2)、
勝ち馬は「●●●●●●」!?(←クリック!!)


★★━━━━━━━━━━━━━━★★
   数々のスターホースが駆け抜けた

     第60回 産経大阪杯(G2)
★★━━━━━━━━━━━━━━★★


昨年はラキシス、一昨年にはキズナが優勝と、
毎年実力馬が勝つ傾向がある産経大阪杯。

ですが、それはもはや過去の話しとなるでしょう。

新興勢力の成長が著しい今、今年は波乱が起こる!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
  好走の可能性が限りなく高いのは・・・
       ▽   ▽   ▽
 実はあまり注目されていない「あの馬!」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

順当にはいかない!何かが起こる今年の産経大阪杯!

今年、王座に輝くのは「●●●●●●●●●」!

そんな産経大阪杯(G2)、
ココでしか知る事の出来ないマル秘情報を

 【 期間限定無料公開中! 】
        ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
      クリックして情報を見る

────────────────
産経大阪杯が大好物の予想家が説く!
────────────────

“2つの重要なポイント”とは!?

      ▽ ▽ ▽

今週末の波乱含みのレース、産経大阪杯(G2)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■4・5歳馬が断然優勢!


年齢別成績から見て行くと、4歳馬が最多の5勝を挙げ、
好走率でトップの数値をマークしています。
それに続くのが5歳馬で、年齢が上がるに従って
好走率が下がる傾向にあります。
今年も若い世代の馬が変わらず台頭してくるのか!

■3走前までに成績に注目

近3走以内に出走した芝のG1・Jpn1・G2・Jpn2での
最高着順別に成績を調べると、最高着順が1~5着だった各グループのうち、
3着組を除く4グループが3着内率で40%を超える好成績を収めています。
また、3着組も連対率では25%と悪くない数値をマークしています。
近3走以内に格の高いレースで上位争いをした経験がある馬は、このレースでも
その実績にふさわしい走りを披露してくれるケースが多いようです。

そして・・・

今回のレースは、
2010年に3連単10万馬券が出た時と同じ、

      『ある共通点』が!

そこからハジき出された馬は、
今年急加速で成長している『あの馬』

 新聞などでは完全に軽視されていますが、
        信憑性は激高!?
          ↓↓↓
その根拠と買い目を“完全無料”で公開中!

■ココでしか知る事の出来ない
  産経大阪杯(G2)「マル秘情報」をご覧ください!

        ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
      クリックして情報を見る